孝和建商は千葉ホークスのコートコンディショニングアドバイザーです。


千葉ホークス

長谷川良信記念大会


千葉県立総合スポーツセンター体育館01

  • 千葉県立総合スポーツセンター体育館02
  • 千葉県立総合スポーツセンター体育館03
  • 千葉県立総合スポーツセンター体育館04
  • 千葉県立総合スポーツセンター体育館05

車いすバスケットボールのクラブチーム「千葉ホークス」とスポンサー契約を結びました。
千葉ホークスは40年以上の歴史のあるクラブチーム。
全国大会14回の優勝を誇り、数多くの日本代表選手を輩出しています。
現在は選手15人、スタッフ6人らで運営し選手は仕事と両立しながら活躍中!

契約時
左から、千葉ホークス 「田中代表」
同「杉山ヘッドコーチ」
孝和建商「小黒社長」


歴史

パラリンピック東京大会以降障害者スポーツの普及が少しずつ広まりを見せている中、昭和44年に労働災害者の訓練施設(白子作業所)で「千葉作業所チーム」として誕生しました。この作業所チームは、創部当時より練習量の多さと、その厳しさはとても有名で、当時より優秀な成績を数多く残しながら、絶えず日本の車椅子バスケットボール界をリードしてきた名門チームです。昭和60年に活動拠点を千葉市内の千葉県障害者スポーツ・レクリエーションセンターに移し、チーム名も「千葉ホークス」と改称されました。クラブの活動は二つの全国大会を中心に行われていますが、その他に各地で行われる地方大会や交流試合等にも積極的に参加しています。最近ではJBL前座試合、大学の学園祭、各種イベントなどの要請で参加する機会も増えました。また、パラリンピック、世界選手権大会等の国際試合にも、千葉ホークスから多くの全日本代表選手が選出されています。




Copyright 2015 Kowa Kensho Inc.Ltd. All Rights Reserved.